2011年07月

戸畑祇園大山笠 提灯山笠

046改
 見ている前で、かきこたちが幟や台を外して提灯を十二段に飾り付ける。
 高さ10㍍、重さ2.5㌧の山を男たちが担ぎ上げ、鉦や太鼓のお囃子に合わせ、「ヨイトサ、ヨイトサ」の掛け声とともに進む。

戸畑祇園大山笠 幟山笠

009改
 明るいうちは幟が立ち並ぶ。
 博多山笠とは雰囲気が全然異なる。

萩 おまけ

037 湯川邸の庭で。

屋形船

032
 川を遡上する屋形船。田中義一旧宅の二階から。

萩城下

030
 暑い中、観光客が幕末の志士や維新の元勲の誕生地、旧宅、萩焼の窯元巡りをしていた。

津和野川

029
 澄んだ川が、古い街並みを引き立てていた。

津和野城下

028
 朝日に輝く城下。

太鼓谷稲成神社

027
 商売繁盛の神様は普通「稲荷」と書くが、「稲成」と書くのは全国でここだけという。
 壮大な建物群だった。

太鼓谷稲成神社 参道

025 津和野城下を見下ろす山の中腹にある神社に向かう参道。鳥居の数は約1000基。

石見神楽の弐

021
 演目「大蛇(おろち)」。スサノヲノミコトを演じたのは高校生だった。

石見神楽の壱

015 石見神楽の「八幡」(左)。演じたのは中学1年生という(下)。






















018

教会の夜景

014 ライトアップされた教会。

津和野のカトリック教会

006
 ステンドグラスの光がこぼれる室内は、畳敷き。

鴎外旧宅

011
 津和野城下の外れにある森鴎外旧宅。

関門橋

001
 門司側から下関側を望む。

原尻の滝

012
 水量は少なかったが、虹が見えた。

梅雨明け

007
 水面に映りこむ夏空。

シオカラトンボ

005
 赤錆だらけのタンクに、水色が映える。

ヒメジョオン

001
 草刈り機の前にはただの雑草だが、何となく健気に見えて--

大島

008
 神湊(こうのみなと)から望む大島。ここに宗像三女神の次女、湍津姫神を祀る中津宮がある。さらにその向こうにある「海の正倉院」沖ノ島には、長女、田心姫神を祀る沖津宮がある。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ