2010年10月

室生寺 参道の眺め

029 高野山ほどではなかったが、杉の大木がそこかしこにあった。

室生寺 参道脇の石積み

030
 これも祈りの形。

室生寺 参道の供養塔

027
 石段から逸れた斜面に立つ供養塔。

室生寺 奥の院

025
 左奥に七重の石塔、中央は御影堂。

室生寺 奥の院 金剛殿

024
 険しい階段を上り詰めると、まずこの木組みの下に出る。

室生寺 天神社

018
 豊かな苔が、長い歴史を感じさせる。

室生寺 参道脇

015
 奥の院へ続く小路の脇に並ぶ。
 女人高野と呼ばれるだけに、全体のたたずまいは優しい。

室生寺 五重塔 上から

031 雨に煙る塔。小ぢんまりとしているが、実に端正。

室生寺 五重塔 相輪

014 寺のパンフレットによると、珍しい形をしているのだそうだ。
 「九輪の上は通常は水煙だが、宝瓶を載せて法鐸を吊りめぐらして天蓋を作ってある」。

室生寺 五重塔

012 平安初期の建立で、室生山中では最古の建築。1998年の台風で損壊したが2年後に修復成った。

室生寺 灌頂堂

009
 さすがに時代を感じさせる。

室生寺 金堂 正面

032
 寄棟造り杮葺き。内部には釈迦如来立像(平安初期、国宝)、薬師如来、地蔵菩薩(同、重文)、文殊菩薩(同、同)、十一面観音菩薩(同、国宝)、それに運慶作といわれる十二神将。もっと間近で見たかった。

室生寺 灌頂堂

008
 鎌倉時代の建立だという。国宝。

室生寺 山門

001
 ようやく来ることができた。

高野山 奥の院への参道 おまけの弐

029
 手のひらほどの石にお大師さんのお姿が刻み付けられていた。

高野山 奥の院への参道 おまけの壹

023 巨杉の森。

高野山 奥の院への参道 参


027

026
 こちらは、わが豊後・岡藩の中川家墓所。二ヵ所にあった。上は随分傷みが激しいようだった。下は一見綺麗だが、墓所を囲んでいた柵が取り払われていた。

高野山 奥の院への参道 弐

022
 こちらは薩摩藩島津家の供養塔。鳥居の奥に立派な五輪等が並んでいる。北は蝦夷地の松前家から南は薩摩の島津家まで、主だった大名家の墓所がひしめいていた。

高野山 奥の院への参道 壹

021 なんと、曽我兄弟の供養塔。このほかにも、織田信長や豊臣秀吉、明智光秀、石田三成など、参道の左右に教科書や歴史小説に出てくるような人物、一族の供養塔が並ぶ。

高野山 宿坊

018
 かなり多くの宿坊がある様子だった。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ